前回のSWOT分析の記事の補足になりますが、

分析時の分析項目を事前にはっきりさせておくと

質のぶれがなくなります。

もう一つ副産物があるのは

競合分析も同じフレームでおこなうことで

直接比較ができるようになるのです。

それができればランチェスター戦略も

つかえるようになります。

敵の戦力分析ができなければ

比較ができるようにはなりませんから  (^^ゞ

お店の利益改善はもう目の前に迫っています!

詳しくはこちらへ

http://ameblo.jp/masakisenda/entry-12096017885.html