【カゴメ トマトケチャップの素敵なプロモーション】

先日、家族で地元のスーパーでお買い物をしていて、ある素晴らしいキャンペーンに出会いました。
平素より様々行われているカゴメ トマトケチャップのプロモーションです。

さて、どんなものかというと、店頭でお買い上げ頂いた方にノベルティを配布しているのです‥‥
とこう言うと‥‥なにか珍しいものでも配ってたの?とか、人気のアニメとコラボしたとか?と思うでしょうが、うちの「おかん」が、何やらヒラっとしたシート状のものと、小さなビニールのパッケージにはいったプラスチック製のモノを持ってきました。
なーにそれ‥‥ってな事でじっくり見てみると、
①シート状のモノの正体
オムライスを作る為の専用のアルミシートでした。
子供といえばオムライス、うちの子達も例にもれず大好きで、料理のレパートリーの少ない私にリクエストのくる貴重なメニューです。しかし調理技術の乏しい私はケチャップライスの上に、フライパンで薄く焼いた卵焼きを乗っけていました。つまり卵に包まれていないわけです。これが、我が家では「おとん」の作ったオムライスなのでありますが、常々これで良いのかと疑問に思っておりました。ここでこのグッズの登場です。オムライス専用につくれたこのシートをフライパンに敷き、卵を焼いたら、シートごと火からおろして、ケチャップライスをのせて、シートの端っこをつまんで、よいしょー! 何と私でも包めちゃいました。オトンの作ったオムライスの様なモノが、ホントのオムライスに劇的に進化!ちなみに動画でみるとこんな感じです。

こちら、「楽しいお料理をサポートするアイテム」として開発されたアイテムで今回は東洋アルミエコ-プロダクツ株式会社さんと、カゴメさんの共同企画です。

ちなみにHPはこちら↓
※以下東洋アルミエコ-プロダクツ株式会社さんHP
http://www.toyoalumi-ekco.jp/katei/enjoy_cooking/special_goods_03.html

今回はキャンペーンで2枚入りとなっていますが、25枚入りで税込み204円で販売されています。
http://item.rakuten.co.jp/toyalekco/200284/

このお値段で、上手にオムライスがつくれる親子の時間ができちゃいました。

0001

②プラスチックの小さいモノの正体
これまたびっくりしたのが、トマトケチャップのキャップの部分です。一昔前のマヨネーズで例えると、星型になっていて、ぶっとくマヨがでていたのが、いまは先端が細くなっていて、家庭でもタコ焼き屋さんのようにマヨネーズをかけられるようになりました。これのトマトケチャップ版のイメージです。皆さんオムライスに◯◯って書いてぇーって言われて苦労した経験はないでしょうか?『これでどうだぁ!』‥‥えー「おとん」ヘッタクソーみたいな会話も、勿論楽しいのですが、ときには『さっすがぁ』とも言われたいし、『リクエスト通り(^^)』と喜んでも貰いたい・・・
ではさっそく先端にこのキャッブをつけて、さあいっくぞー!
ジバ◯ャンは失敗、ア◯パンは成功でした。(笑)

0002

という事で長々と綴ってまいりましたが、このキャンペーン何が素晴らしいかって、私のような調理技術の低い、お父さんの技術上の問題点をノベルティーを配布する事で解決し、親子の楽しいひと時を演出するグッズになるからです。(①はうちの「おかん」からするとスピードアップグッズだったかもしれませんが‥‥何せ技量が違うモノで笑)

このキャンペーンで、子供達が大好きなオムライスを通じて、私(我が家)の中でカゴメさんのブランドイメージが大幅に上がった事は言うまでもありません。
また近年、様々な企業が子供達にブランドイメージを刷り込むため、大掛かりな仕掛けを行うケースが頻繁に見られる様になりました。一方、大掛かりなものでなくても、今回のようなキャンペーンのコストで、家族の幸せなひと時を作り出すことができたのであれば、非常に高い費用対効果です。
勿論、その日の我が家の晩御飯のメニューはオムライスの予定ではなかった(特に決めていなかった)事は言うまでもなく、ケチャップの消費量そのものもアップしています。
わりと派手さに欠けたものだからなのか、今ひとつクローズアップはされてないようですが、「パパと子供の共同お料理体験」とか、「育メンオムライスに挑戦」とか、「母の日はオムライス」とか・・・ダイバーシティ推進等のテーマとからめてPRしていけば、企業価値の向上にもつながり、なお有意義な取組になりそうですね。お金を使わず、知恵を使って、商品も使ってもらって‥‥  いやーじつに上手い!
間違いなく我が家のKAGOMEトマトケチャップの生涯価値は向上しました。

子供達から来週もオムライスのリクエストくるかなぁ??