養成課程69回目はCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)によるキャリアカウンセリング。

自己分析(興味、能力、価値観)と、
環境分析(仕事、プライベート、業界分析、企業分析、職種分析等)を行い、将来のなりたい自分を明確化し、実現させる為の道筋を立てます。

就職活動時の自己分析を彷彿させる部分もありましたが、何種類かのワークの中で新たな気付きがありました。
1⃣「ライフラインチャート」
人生を振り返って価値観を探るわけですが、振り返って満足感を軸にプラス、マイナスに分解。過去にやった価値観探しではプラス面に着目していたのですが、マイナス期の「何故」にせまったのは初めてで、今後の環境を選択する際に、その部分をクリアーしていないといけない事を発見。条件がより明確になりました。
2⃣ライフキャリアレインボー
自分の生活のなかでの立場、役割を七つに分類し、それぞれのウェイト付を実施。現在のウェイトと10年後のウェイトの変化の分析の中で、変化させたい部分と、好むと好まざるに関わらず変化する部分が明確化。なりたい自分と現状のギャップがはっきりし、より明確なアクションが必要である事がわかりました。
3⃣将来設計と目標管理
不確定要素もたくさんあるなかで、はっきりさせるという大切さを感じました。手法はともかく、実態として実現させる為にどうしていくか??をいいタイミングで考える事ができました。

という事で、いい自己整理ができました。目的意識を高めつつ精進を続けていきます_φ(・_・