1. 養成課程44回目は製造業「IE(industrial engineering)」がテーマ。

    本日のポイントを整理。
    分析の流れは①工程分析→②稼働分析→③時間研究→④動作研究→⑤複合分析→⑥流れ線図分析→⑦運搬分析とのこと。この中から問題点を発見し改善策を練るわけですが、これでは動きにくいのでポイントを整理。

    ①全体把握→工程分析→これは必須
    以下の中から問題点の仮説をたて、ピンポイントで分析。
    ②人、機械の稼働率に問題→稼働分析
      (連続観測法・ワークサンプリング法)
    ③作業の中に問題を抱えている分類がありそうだ
    …  →問題のある作業を特定する必要がある
     →時間研究
      (ストップウォッチ法・PTS法…)
    ④特定の作業の動作レベルに問題がありそうだ→動作研究
      (サーブリッグ分析・メモモーション分析…)
    ⑤設備を運転している作業員に手待ちがあるようだ
     →担当している機械の台数、種類に問題がありそうだ
      (多台持ち、他工程持ちの台数)
     →複合作業分析(マンマシン分析)
    ⑥レイアウトに問題があり運搬効率が落ちていそうだ
     →流れ線図分析
    ⑦運搬方法や荷姿に問題がありそうだ
     →運搬分析
      (運搬工程分析・運搬活性分析)
    といった感じで問題点の種類に仮説をたて、
    分析方法を連動させ精度をアップさせたいと思います。

    本日はベタ打ち為
    ご存知の方は先に上げたVOL44.5の
    サーブリッグ分析のエピソードをお楽しみ下さい。

    長文失礼致しました。m(__)m