養成課程22回目はマーケティング総論。

新潟の株式会社栗山米菓とその子会社が作っている

「米兆ゆうき」という高級煎餅の事例。

一箱一万円(一個350円)の高級煎餅を

タブルブランドとして展開。従来型の4Pに

Experience managementを加え高い顧客価値を実現。
開発初期は既に引退していた職人さんを呼び戻し、

炭火手焼きを行い、伝承の為に20代の若手職人も育成。

さぞかし苦労されたと思います。
次回は同社のドメインの再定義、事業戦略、プロモーション施策等がテーマです。
経験経済をどう深化させるか。
策を練りこみます_φ(・_・画像