インクルージョンとは人と人とが互いを生かし合い成果を高めていく考え方です。先進的な組織ではダイバーシティと並列で使われ始めています!

メッセージ

  • HOME »
  • メッセージ

皆さんこんにちは。

インクルージョン マネジメント 研究所 代表の専田政樹です。

当研究所は、

次代をになう子供たちに【「明るい未来」と「豊かな社会」を託す】、

を理念に日々活動を行っております。

 

皆さんはご自分の将来についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

今後加速的に進行していく少子高齢化社会、そして生産年齢人口の激減…

20年度には働き手は今から20%すくなくなります。

10人で1チームを組んでいた場合、8時間労働なら1日80時間の

工数を持っていますが、20%減ということは、

同じ仕事を64時間の工数でこなさなくてはいけない。

16時間分仕事を圧縮しなければならないわけです。

その分は新たに雇用すれば良いか…

いえ、雇おうにも人そのものがいないのです。

働き方の変革はいやがおうにも求められるわけですが、

尻に火がつかないと動かないケースが多いのが事実。

「ゆでがえる」となり、手遅れになり、座して死を待つか、

一刻も早く手を打って、勝ち残るか・・・

2020年までの間に力をつける事ができるか否か、

あと数年間が勝負です。

既存人材の活性化を図り、

人と人とが活かし合い、相乗効果によって成果をあげる…

 

これが私の解釈している【インクルージョンマネジメント】です。

 

そにためには二つの切り口が必要です。

1つ目は、制約のある社員でも力が発揮できる体制作り、

2つ目は、能力、特性を捉え活かし、情報網を発達させ

意識的に能力を啓発し、引き出す環境整備です。

どちらも重要ですが、時間をかけて定着させる必要があります。

愛するわれわれの子供たちに、

「明るい未来」と「豊かな社会」を託すには、

多様な人材を揃えるダイバーシティの前に

インクルージョンが必要です。

その実現のために2つの支援策を用意しています。

 

■支援策1:インクルージョンマネジメント浸透支援

上記の2つのアプローチの具現化を支援する研修メニューを用意しています。
1つは働きかたに時間や場所の制約があるメンバーを如何に活かすか…
その為に現状業務の棚卸し方法とその落し込みから支援します。
もう1つは能力、特性の把握による情報網整備を支援します。
相互理解を深める為のコミュニケーションを活性化させ、
だれが何が得意で、どんな情報を持っているかを見える化していきます。

■支援策2:中小 小売業の利益改善支援

大手流通グループでの実務経験と、
中小企業診断士としての理論を融合し、
生活密着型小売業における利益改善手法を
形式化致しました。

事業のノウハウは、小売業では人に属し、
暗黙知である事が多いのが実態です。

あの人が引退して店がおかしくなった、
◯◯さんがやめたら店がおかしくなった…
よくある話です。
技術が人に宿り、事業としての
ノウハウになっていないからです。

何故なのでしょうか?
日々営業している店舗では、
お客様を最優先しサービスを提供するあまり、
形式化に目はいかない事はもとより、
教育も「OJT」が主流です。

一緒にやって体で覚える…というスタイルです。
そこにメスを入れ生産性を向上させ為の
総合的な支援を行います。

必要に応じ戦略、戦術支援をおこなった後、
販売員への浸透の為の教育を支援します。

2種類の支援策によって、
事業の活性化を助け、
時代をになう子供たちに【「明るい未来」と豊かな社会」を託していく】
為、活動をしています。

ご興味ある方は是非いちどお問い合わせ下さい。
お待ちしております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

社会保険労務士法人せんだ事務所

労務問題は社会保険労務士法人せんだ事務所へ

株式会社せんだ兄弟社

株式会社せんだ兄弟社
PAGETOP